接骨院と整骨院では柔道整復師の施術が受けられる

接骨院と整骨院の違いは、名称が違うだけで大きな違いはありません。

 

接骨院と整骨院では、国家資格である柔道整復師の有資格者が施術をおこないます。
柔道整復師の資格を取得するには、
厚生労働大臣認可の専門学校や大学卒業した後に国家試験に合格する必要があります。

 

柔道整復師になった方は、
健康保険を使用して開業する権限が国から与えられます。
整形外科のリハビリやスポーツ施設、介護施設などで働く柔道整復師の方も多いです。

 

柔道整復師は、肩こりや腰痛、骨折、脱臼、捻挫、打撲などの治療する事が可能です。
柔道整復師の施術は、日本独自の施術で
人間の持つ自然治癒能力を最大限に発揮させる治療方法になります。

 

接骨院や整骨院は、骨折、脱臼、打撲、肉ばなれの施術を受けた場合に保険の対象になります。
しかし、骨折、脱臼については、緊急の場合を除き、
あらかじめ医師の同意を得ることが必要です。

 

また保険医療機関で同じ負傷の治療中の方は、
接骨院や整骨院で施術を受けても保険の対象になりませんので注意しましょう。

 

接骨院や整骨院では、交通事故の自賠責保険の取り扱いも可能となっています。

 

単なる肩こりや筋肉疲労などで施術を受けた場合は、
保険の対象になりませんので注意しましょう。

 

肩こりや腰痛で施術する接骨院や整骨院を探されている方は、
健康保険を使用する事ができるので安心して施術を受ける事ができます。

 

接骨院や整骨院を探す場合は、
インターネットなどを利用して実際に利用された方の口コミなどを参考にしましょう。
また、ご自身が通いやすい立地にある事も大切なポイントになります。

 

 

腰痛の症状によって治療先を検討しよう

腰痛の原因によって症状のあらわれ方にも違いがあり、
動作で痛みが変化するかどうかや直接押してみると痛みがでるかどうかをまず確認しましょう。

 

また、どのような時に痛みが出るのかや内臓機能の低下がないかを確認しましょう。

 

筋肉が原因となる腰痛は、身体を前後にかがめたり、横に身体を倒したり、
上半身を大きく回転させたりすると腰痛が症状があらわれます。

 

内臓疾患が原因の腰痛は、これらの動きで痛みがあまりあらわれません。
しかし、動いた際にダメージを受けている内臓が圧迫されると痛みが出る場合もあります。

 

多くの場合、運動により腰痛が出る場合は筋肉が原因と考えます。
運動などに関係なく、絶えず腰痛や違和感を感じる場合は
内臓疾患が原因になっている場合が多いです。

 

内臓疾患が原因の腰痛の可能性が高い場合は、
医師が施術をおこなう整形外科を受診しましょう。

 

医療機関になりますので、レントゲン検査や手術、投薬が保険診療で可能となっています。
また、内臓疾患の検査を受ける事も可能です。

 

筋肉が原因の腰痛の可能性が高い場合は、整体を利用しましょう。
 
整体では、脊椎や骨盤、肩甲骨、四肢など身体全体の骨格や関節の歪みやズレを矯正していきます。
施術では、骨格筋の調整などを手足や補助道具を使用しておこない筋肉もほぐします。
整体の治療は、一般的に保険診療ではありません。

 

ご自身の腰痛の症状によって、施術を受ける整体や病院を選択します。
また、判断がつかない場合や不安な方は、まず病院で診断を受けましょう。
また、病院の診察で異常がなかった場合には、
整体の施術を定期的に受けて体質を改善していきましょう。

更新履歴